天使なブログ

ゲームだったり本だったり徒然なるままに書くブログ

6回目

藤の景趣忘れてたので入手したでぃす

綺麗でぃすよね~

 

 城下町ボス倒したでぃす

お酒が好きそうな大太刀っぽい先生がドロップしたでぃす

 

15手のおかげで上手くいけば無課金でギリギリ10周いく可能性も出てきたかも?

20周は課金前提だし、どーしよっかな

 

 

関係ないけど、品字様って言葉があるらしいでぃすね~

同じ漢字を3つ重ねて1つの漢字にするみたいな

たとえば女を3つ重ねると「かしましい」って意味になるでぃすよね

男を3つ重ねると、「たばかる」って意味になるらしいでぃす

 

今回の土佐イベントって3口中心で話が進行してるでぃすし、ちょうどそんな感じでぃすよね

ま~考えすぎかもだけど

 

たばかるって言ってもいろいろ意味あるでぃすよね~

たとえばよく使われる意味のたくらむ、とかだます、って意味が最初に使われたのは鎌倉時代平家物語らしいんでぃすけど

その前の平安時代だと、考えをめぐらすとか工夫するって意味で出てて、これは平安初期に作られた竹取物語からで

あと、相談するって意味もあって、こっちは平安中期の大和物語からきてるでぃすね

 たばかるって、鎌倉時代になってから意味が変わっちゃった言葉なのかな?

(でも京都の人ってはぐらかしたみたいな言い方するみたいだし、それも含んだもっと曖昧な言葉だったのかも?)

 

でも個人的に今回のイベントはどの意味でもいい感じかも

1回目のボスのときは騙されちゃったし、城下町ボスを捕まえるのに考えさせられちゃったし、相談ってほどじゃないけど15手の方法もネットで知ったし

 楽しめたしいーかなって

 

蛇足だけど、室町時代の音訓篇立にはヲモシロシとかイサカフって読み方もあったみたいでぃすね

 このへんになると、男三人集まって起こることならなんでもありでアバウトな感じでぃすよね