天使なブログ

ゲームだったり本だったり徒然なるままに書くブログ

タイトル考えるのめんどくさい

藤四郎以外の短刀って少ないでぃすよね

ネットで、短刀最強で他のいらね、っぽい意見もまれによく見かけるけど

今回のボイス実装で藤四郎以外の子も極になったり、短刀以外も部隊に入れる人いるのかな

 

土佐コンビの軽装10月でぃすか~

 

焼き芋

山伏極の修正は10月になるっぽい

帰還演出もそのとき見れるっぽい

 

煮たか先生が南海先生と肥前くんのイラストあげてたでぃすね

あのマフラーもしかして特命調査のときのアレでぃすかね

 焼き芋もってるのって陸奥守?

 

そーいえば食べる専門って設定あったでぃすね

江戸時代の江戸って大食いが流行してたっぽくて、大食い大会がよく行われてて一般人だけじゃなく武士も参加したりしたっぽいけど、元主は参加したことあるのかな

 江戸時代になってから農作物の大量生産ができるよーになったので、大食いも流行ったのかな

 

 せっかくなので焼き芋をメモる

サツマイモって、原産地は南アメリカ大陸のペルーで、16世紀に南アメリカ大陸に行ったスペイン人あるいはポルトガル人が東南アジアに持ち込んで、フィリピンのルソン島から大陸に持ち込んで、

そこから1597年に宮古島に伝って、17世紀前半に琉球に伝わって、1705年に薩摩に伝わったって説があるっぽい

 

 でも室町時代安土桃山時代にはもう大陸や東南アジアから直接、九州各地の貿易港や畿内の堺とかにきてたって説もあるっぽい

 薩摩藩で書かれた農学書の「成形図説」に、

1596年~1623年にかけて、領内の坊津港のポルトガル人との貿易で、ルソンからの交易品としてサツマイモが輸入されてるって書かれてるっぽい

 

1614年にイギリス人のウィリアム・アダムス(三浦按針)が、上司の命令で肥前(現在の佐賀、長崎)の平戸からシャム(現代のタイ)に行こうとして、乗ってた中古を改造した船が浸水を起こして緊急で琉球那覇港に寄港して、

船の修理して1615年に平戸に戻って、琉球から持ち帰った「琉球芋」を平戸で畑を借りて農民に委託して栽培した、ってアダムスの上司のコックスの日記に書かれてるっぽい

 

1697年に安芸広島の武士の宮崎安貞の書いた「農業全書」に、

「薩摩や長崎周辺では「琉球芋」または「赤芋」と言い広く栽培されているが、他地域では知られていない」

って書かれてるっぽいので、たぶん薩摩と長崎以外ではサツマイモは定着してなかったっぽい?

 

1732年に享保の大飢饉で瀬戸内地方を中心に西日本が大凶作になって、深刻な食料不足だったけど

サツマイモを栽培してた伊予国大三島の周辺では餓死者が全く出なかったので、サツマイモが一躍注目をあつめたっぽい

1719年に京都郊外で酒や餅とともに焼き芋が売られてた、って文書もあるっぽいしこの頃の西日本では芋文化は広がってたっぽい?

 

 八丁堀の与力にいいねされて、大岡裁きで有名で享保の改革にも関わってる町奉行大岡忠相に才能を買われた青木昆陽がサツマイモすごいって感じの文書を徳川吉宗に献上して、1734年に薩摩藩から苗を取り寄せて、1735年に栽培成功してこれ以降、東日本でも広く作られるよーになったっていう

 同じ時期に江戸幕府はジャガイモも作るの推奨してたっぽい

 

その前にも食料のとぼしい八丈島で芋の栽培に力入れてたけど、上でも書いたみたいに農作物の大量生産成功して食糧に困ってない江戸でもサツマイモを大量に食べれるよーになったのは青木昆陽の影響と思われ

 

1789年に書かれたサツマイモ料理本の「甘藷百珍」に、「塩蒸し焼き芋」って料理が載ってるっぽい

これは先に刊行されて大人気になった「豆腐百珍」を真似して作ったもので、内容を芋料理に変えただけっぽい
しかも一番最後に書かれてる「塩蒸し焼き芋」がこの本の中で一番おいしい料理って書かれるオチまでついてる高度な本でぃす

ここまで読んできたことは一体何だったのってなるでぃすね

あと江戸時代の料理本あるあるで分量は一切書かれてないっぽい

江戸っ子は大雑把でぃすからね、しょうがないね

 

1793年に本郷四丁目(今でいう文京区)の木戸番が、芋を焼いて木戸番屋で売り出して人気が爆発的に大ヒットしたっぽい

ちなみに木戸番ってゆーのは、江戸のあちこちにある防犯用の門の前で、夜に悪い人が侵入しないよーに見張る仕事のことでぃすね

木戸番の給料はそれぞれの町内から支払われてたらしいけど、相当給料低かったらしくて、副業として食べ物とか生活雑貨を売ってたっぽい

それがかなり好評だったぽくて、副業の方が儲かる上に、副業の方が本業って住民に勘違いされてたりしたっぽい

 

 え、肝心の防犯率はどうだったって?

 町の通りにでっかい防犯の門を建てたはいいけど、路地の入り口の警戒がザルだったので裏から他の町へ出入りし放題だったっぽい

 しかも番人は番屋って建物に住み込みで妻子の無い男性しかダメだったはずなんだけど、江戸時代後期になると、勝手に番屋を拡げて妻子を住ませちゃったり、番人の職を売買しちゃったりしてたっぽい

なので悪い木戸番は町奉行所でも取り締まったらしいけど、

その奉行所で働く与力や同心の下で働く岡っ引って、表裏両方の社会で顔が利く人材が多い、ってゆーか現役の方も多かったっぽくて、そのせいで岡っ引自身が悪いことに加担するみたいなこともあったっぽい、江戸の町テラカオス

 

 話がずれたので戻すけど、

1832年に書かれた「江戸繁盛記」では

「木戸番屋では早朝から深夜まで焼き芋が売られ、裕福な人も貧しい人も好んで食べるため、一冬で番屋一軒の売上は20~100両にも達する」

って書かれてるっぽい

1両は現代のお金にすると時期にもよるけどだいたい10万円くらい

一冬で200万~1千万くらいっぽい

 これは本業って思われてもしょうがないでぃすね

 

 なお、本業の木戸番の給料は、

月末ごとに1軒につき20文~100文を家主が集めて、集計してその中から木戸番の給料が出されるっていう

1文は現代のお金にするとだいたい25円くらい

1軒500円~2500円くらいの中からさらに削られて・・・・これは焼き芋売るしかないよね

 陸奥守がそんなに生活に困ってたなんて、煮たか先生のイラストにまさかそんな意味があったとは、とか適当なことを言ってみる

この給料で悪い人に遭遇しちゃったら捕まえる義務まであるっていう

奉行所も無茶ゆーでぃすね

 

 

打刀

あ、DMMの夏のポイント祭りのポイント届いてた

何に使お~かな

 

今日は予想通り肥前くんでぃすね~

なぜか打刀になるハプニングあったっぽいけど

実装当時から脇差に見えないふいんきとか言われてたの思い出したでぃすね

 

ま~「豊臣家の大阪城」ってイベントの説明でも書かれてるくらいだし、多少はね

 

 せっかくなので、大阪城の歴史っぽいことをまとめてメモっとくでぃす

1496年に蓮如って室町時代の僧侶が書いた手紙が「大坂」って地名が書かれてる最古の文書っぽい

この「大坂」の読み方は「おおざか」っぽい

織田信長が誕生する30年以上前でぃすね

それ以前は「小坂」って書いて「おさか」って呼ばれてたけど、小より大の方が縁起いい感じがするからとかそんな理由だったっぽい

1496年に蓮如が現在の大阪城のあたりに大坂御坊つくって隠居生活してたけど、亡くなった後の1532年に証如って僧侶が山科本願寺からきて、それからは大坂本願寺って呼ばれて、どんどん周辺に勢力伸ばして大坂って地名が広がったみたいな

その後に織田信長が攻めてきて、本願寺が負けちゃって退去して、その跡地に豊臣秀吉が「大坂城(おおざかじょう)」って名付けたお城を建てたっぽい

でも江戸時代の幕末に浜松歌国って作家が書いた「摂陽落穂集」で坂という字は「土に返る」って読めるから縁起イクナイって言いだしたりとか、

明治時代では「武士が謀反を起こす」と読めるので政治的に問題あるとかゆー理由で1868年に大阪の文字が正式になったので、

豊臣時代に「大阪」城は存在しないはずなんでぃすけど、このへん設定とかどーなってるんでぃすかね?

たぶんこの大阪城イベの実装時からさんざんファンから突っ込まれてるはずなのに修正ないし、なんか裏設定とかあるのかな?

 

ちなみに「反」は本来はそり返った、傾斜したって意味で、
それに「土」をつけても「⻖」をつけてもだいたい似たような意味っぽい

(なので土とか反とかに文句つけてるのって、大半は漢字の元の意味を知らない後世の人たちが勝手につけたこじつけなんでぃすよね

徳川家康みたいに意図的に鐘の名前に文句言ったりするのもあるかもだけど)

 「⻖」は「阜」を省略したもので、山や丘みたいに段のある地形が記号化した象形文字っぽい

それが転じて、大きい、盛ん、多い、豊か、肥え太るって意味も後からついたっぽい

「阪」は「坂」の異体字のなかでも比較的古字っぽい

 信長で「阜」といえば岐阜を思い出すけど、徳川が西日本との繋がりが薄いから大坂城を西日本支配の要にしたらしいし、徳川っぽさもあるけど、

でも拡充で人参とか言っちゃってるあたり、あのあらすじは時の政府視点の文章で、大阪城ってゆーのも時の政府視点のよーな気も

 

 

と、話がずれたので戻すけど

肥前くんの懐に手を入れてるのって陸奥守とおそろいかな?

 胸の痣っぽいのは元主の拷問のアレでぃすかね

南海先生も懐に本を入れるとか意味深なことしてたし

 

包帯懐に入れてるのって、やっぱしあの包帯、踏んづけたらこけそーってことにやっと気づいてくれたとか?

じゃなくて、包帯の先を懐に隠してるっぽい?

 懐に手を入れるのって、帯が上に上がってこないので見た目が恰好よくなるので、ブーツはいちゃうくらいお洒落気にしてる坂本龍馬がポーズとるのも納得なんでぃすけど

 (かっちかちに綺麗に着込みたい真面目系のじゃなく、ちょっと着崩した若者風のおしゃれみたいな、悪い言い方をすればガラがあまりよろしくない系みたいな)

 それなのに右手以外はわりとまっすぐしちゃうって真面目かってなった

 かしこまってるってゆーか緊張してる感じっぽい気もするけど、きのせいかな

 緊張しすぎて普段隠してる痣をつい出しちゃうドジっ子さんかも

 

大阪城イベはっじまっりまーす

拡充イベ終わったでぃすね~

ちょっとペース配分違いで確定逃しちゃったけど、まぁ乱舞レベ上げ用だしなんとかなるかな

 

引き続いて大阪城イベはじまた

なんか新たにボイス実装されたっぽい

初回だけしか聞けないレアボイスっぽい

部隊長と隊員でボイス違うっぽい

 説明読んでる感じだと、これって1回の大阪城イベで1つの階で1口分しか聞けないっぽい?

該当の刀剣男士が部隊に複数いたらランダムで流れるっぽい?

しかも今後も増えてくだろーし、今後は聞きたい子を狙って聞くのが難しくなりそーっぽい

池田屋新選組の刀の限定ボイスだし、大阪城も粟田口だけかもしんないけど、粟田口だけでも全員分確認するのちょっと大変そーっぽい

 でも粟田口限定だとしたら、逆に狙ってるボイス以外の子以外を粟田口以外の刀剣男士にすればいいので逆にやりやすいっぽい?

 

計画立てて聞くには、

1階で部隊長ボイス回収

10階、20階、30階、40階、50階、60階、70階、80階、90階、99階で隊員ボイス回収

ただしそのうち50階と99階のボスを初回撃破するときは部隊長にしてボイス回収しないといけないのでその階では必ず帰城する

あと小判箱ボイスは隊員じゃないと聞けなくて

それと通常と極はボイス違うので最低2回イベントやらないと全部聞けないっぽい

やることが・・・・やることが多い・・・・

 

聚楽第イベは短めのマップだったからいいけど、大阪城の長さでやられるとなかなかやばいでぃすね

池田屋マップみたいに何回でも聞ける方が楽って思うけど、なんでこんなややこしい仕様にしたのかな

 ま~たぶん博多対策なんだろーけど

このシステムだと複数の該当する刀剣男士がいるとランダムになるけど、小判集めのために部隊に博多入れるプレイヤーがほとんどだろーから、運が悪いと博多のボイスしか聞けない人も出てきそーだし

 だから隊長か隊員かどっちか限定のボイスにして、博多とボイス聞きたい男士をそのたび毎回入れ替えて置けばいいみたいな

聞きたい男士ボイスだけ狙って聞けるし、わざとランダムにするのも自由みたいな

 

しかも初回のみなので、白山目当てで同じ場所を周回するのに毎回ボイスあると時間とられるので効率重視の人から嫌がられないってメリットもあるし

 その刀剣男士が好きで何度でも聞きたいって人は物足りないかもだけど

廃人周回を前提にしたマップでキャラボイスあんまし相性よくないのかも?

なかなか目当ての子がドロップしなくてイラついてる人とかいるかもだし

 

すでにあるイベントに後付でボイスつけると思わぬ弊害もあるのかも

聚楽第は最初からそーゆー仕様で作られたマップだけど、大阪城はそーじゃないし

 

 

 南海先生の軽装もきたでぃすね

懐に本はさんでるのかな?

これってあれだよね、攻撃を受けて本がなければ即死だったみたいなあれ

ネットでは文系男士って言われてるの見ると、某文豪ソシャゲに出てきそうな見た目に見えてきたでぃす

 

あと1口ってことは、肥前くんかな?