天使なブログ

ゲームだったり本だったり徒然なるままに書くブログ

夏の連隊戦の所感

ネットで、今回の夏の連隊戦で脇差を多く入れると虹色貝もっといっぱい出るってゆーの見かけたけど

 

うちでも脇差は入れてるけど、脇差1口を部隊に入れるだけで効果は十分って思うかな

体感だけど、遠戦でクリティカルしやすくなって、敵の刀装が通常より多く倒せるよーになってる気がする

虹色貝も体感的に出やすくなってる気がするかも

 でもそれ以上多く入れてもあまり変わらない感じかも

途中夜戦あるし、脇差だと夜戦弱くはないけど強くもないし、効率的には脇差複数入れるくらいなら極短刀を入れて数多く周回した方が楽かも

 

あと蜻蛉切と石切丸が気分的にドロップしやすい感じかも?

それ以外の槍と大太刀(祢々切丸は除く)は見てないかも

この連隊戦ではドロップしないっぽい?

 

 長谷部や骨喰や今剣もドロップしてないし、たぶん運営にレア認定されてる子はドロップしない感じ?

 その代わり浦島や大包平や祢々切丸のドロップ率を高くしてるっぽい?

 

名前が長い艦娘

次のイベントは名前の長い艦娘が実装されるっぽい

 海外の艦って大体人名で名前が長いんでぃすよね~

特にパスタの国は名前が長い艦が多くて有名らしいけど

 アーケードで実装されたらカードに名前が入りきるのかちょっと気になるでぃす

 

今日は

今日はとうらぶの非公式イラスト投下が多いでぃすね~

 これで夏の暑さを乗り切ってってことかな

 

 

そーいえば関係ないけど、江戸時代の江戸の人口って100万人で世界最大の都市だったらしいけど

ほんとにそんなにいたのかな、って気になったのでてきとーに調べてみた

 

調べてみたけど、100万人のうち、52万人は武士だったっぽい

武士多すぎない?

って思ったけど、この大半は参勤交代で江戸に来てた大名とその家臣だったみたい

 

で、その52万人の消費者目当てに商人とか職人とかが商売にきて、さらに僧侶も集まって、それで100万人になってたっぽい

 

あと武家が占有してた土地は江戸全体の64%、寺や神社は15%、それ以外の商人や職人たちが住んでた土地は21%っぽい

40万人くらいの商人や職人たちが21%のせまーい土地にみっしり詰まってたってことでぃすね

 

こんな狭いのに、水野忠邦は上知令で大名や旗本たちにどこの土地に移動させるつもりだったのかな

 ま~どこだったとしても、大名行列と江戸に滞在するための領地の維持費用で、領民からの借金だらけだった大名や旗本たちに領地を移動させるお金の余裕なんてなかったわけだけど

 

 

10万貝達成

北谷菜切ゲッ刀したでぃす

 

15日出陣で旅道具ももらえたでぃす

今回は任務でも報酬でも修行セットがたくさんもらえてお得な感じでぃすね~

 馬も増えましたヒヒン

 たぶん馬の数すごいことになってる

 

今日はアプデの日だけあっていっぱいニュースあったでぃすね

とげとげ肩パッドの日本号っぽい極とか、軽装実装とか、上田城実装とか、内番+1とか、うさぎおいしい団子の里とか

 

日本号は世紀末の世界でユーアーショックしちゃうのん?

 

 内番+1は地味に嬉しいでぃすね

刀剣男士の数多くなっちゃったし、極で1から生存上げ直しでもう一回やり直しめんどいし

 

軽装はあの白くて見ずらかった鶴丸がやっと肉眼で確認できるレベルになると思うとタスカルでぃすね

 鶴というよりカメレオンレベルの隠蔽値だったでぃす

 

上田城日本号の極って連想すると、上田七本槍とか出たりとか?

もしかして南斗七星拳的な感じ?

リハクの目をもってしても見抜けない感じ?

 

以下、北谷菜切のネタバレでぃす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元々包丁だったって逸話からか家庭的なの望んでる感じでぃすね~

 不思議な力はないとか自分は弱いとかやたら強調してるので、極になっても特殊能力とかはなさそーな感じかも?

ネットで破壊台詞見かけたけど、本丸での台詞と合わせて考えると、見たくないものって切ったもののことかな? 

 

 

 回想がすごくウチナータイムでぃすね

 

回想で北谷菜切が大和言葉に慣れてるのって、やっぱし江戸時代に徳川家康の許可をもらった薩摩藩がやったアレが原因かな~

その後、江戸の将軍が代替わりごとに江戸に使者を出したり、琉球の王が代替わりごとに江戸に使者を出したりしてたらしいし、北谷菜切の元主を考えると大和言葉を知らないわけないんでぃすよね 

 

 ちなみに明治時代に琉球を廃止されるまでは、薩摩藩にアレされた後も琉球は一応国だったんでぃすよね

当時の大陸との貿易って、貢物をしたその国の王様じゃないと許可が下りなかったんでぃすよね

しかし薩摩の藩主は王じゃないとみなされて許可をもらえなかったでぃす

そこで琉球の王に薩摩藩の代わりに大陸と取引してもらってたって感じ

 

 千代金丸が大和言葉に慣れてないのは、薩摩藩がアレする前に元主が中山の王にアレされちゃったからなのかなって思ったり

蜻蛉切の兜ktkr

大包平をドロップしたでぃす

3口目だったかな

 

蜻蛉切のイラストきたでぃすね~

あーゆーの男らしくてかっこいいってゆーんでぃすかね~

 気になってた兜のアップが見れて嬉しいけど、あらためてアップで見ると謎構造でぃすね

 そのうち図録で詳細出るかな?

 

 

ネットで山姥切の話題を見かけたでぃす

長義くん来てからその手の話題が再び盛り上がっていいでぃすね~

 

またてきとーな感じで写しとか贋作とか調べてみたのでメモしておくでぃす

コピーとかレプリカとかよく聞く単語を順番に書いてくでぃす


まず、昔の美術品を元の技法で新しく作ることを「ファクシミリ」ってゆーっぽい

ファクシミリは余計な個性とか追加せずに、原作者以外の力量のある技術者が忠実に再現しないとダメっぽい、作り方も材料も同じじゃないとダメ

素人がいい加減に作った場合はファクシミリって認められないっぽい

元になってる美術品はバックヤードで厳重に保管されて、それをモデルに作ってるっぽい?

 

「レプリカ」は原作者本人もしくは工房が同じ物として制作したもの

原作者の作品だから、レプリカも本物ではあるのでややこしいでぃすね

 

「コピー」は原作者でも力量のある技術者が本物をモデルに忠実に再現したわけでもない、公式から公認されてない複製品

なので品質保証はあまりされないっぽい

 

「フェイク」は文字通り偽物

悪い意味だけじゃなく、たとえばかばんとかで使われる人工の皮革とかもフェイクって言われるのでよく似せた別物って意味もあるっぽい

 

「イミテーション」は模倣品、代用品って感じ?

本物の代わりにすることを目的で作られたものっぽい

 

フェイクとちょっと似てるけど、イミテーションは模倣、フェイクは惑わす、騙すって意味合いが強いって違いがあるっぽい

とはいえ模倣って誉め言葉じゃないし、どっちにしろ喜ばれない表現かも

あまり人や物に対して使わない方がいいかも

 

ちなみにイミテーションの対義語はジェニュインで本物、真作って意味

 

で、ここでカタカナ言葉から日本語に戻るけど

写しって言葉があるけど、写しは作者とか現在の所持者の合意を得た上で模倣して作った物って意味っぽい
この中だとファクシミリに近い感じがするかな?

イミテーションは作り方や材料が同じじゃなくても似ていればそれでいいので、イミテーションじゃない気はするかも

国広の偽物なんかじゃないって台詞ってこーゆーことなのかなって

 

 

贋作は、まぁフェイクかな

あきらかに騙す目的で作られてるし

 フェイクって、いい出来の無名作品を贋作に改造してしまったり、贋作作家が意外と腕がいいとめんどくさいことになりそう